ボトックスビスタ®とは?
  • HOME
  • ボトックスビスタ®とは?
  • ボトックスビスタ®による治療について
  • 治療前後に気をつけることは?
  • 国内唯一の承認品です。

ボトックスビスタ®とは?

■眉間又は目尻の表情じわを目立たなくする注射薬です。

ボトックスビスタ®は、しわ治療法の1つであるボツリヌス治療に用いられる注射薬注1)です。眉間や目尻など筋肉を動かすとできる「表情じわ」がある部分に注射することで、原因となっている筋肉をリラックスさせ、眉をひそめた時にできる眉間の表情じわや、笑った時にできる目尻の表情じわが次第に目立たなくなります。
「ボトックスビスタ®注用50単位」は国内で唯一、眉間の表情じわ及び目尻の表情じわの治療に用いられるボツリヌス治療薬として、製造販売承認を取得している医療用医薬品です(2016年5月現在)。

  • 注1)「ボトックスビスタ®注用50単位」の効能・効果は、「65歳未満の成人における眉間又は目尻の表情皺」です。

ボツリヌス治療について詳細はこちら

■ボトックスビスタ®の成分は?

ボトックスビスタ®の成分は、A型ボツリヌス毒素といいます。毒素といっても、天然のたんぱく質からできた毒素を分解・精製したもので、ボツリヌス菌の菌体やその成分、培養液の成分などは一切含まれません。
A型ボツリヌス毒素製剤は、25年以上にわたり医薬品として、さまざまな疾患の治療に使われています。
日本では現在、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸(けいせいしゃけい)、小児脳性麻痺患者(2歳以上)の下肢痙縮(けいしゅく)などに伴う尖足(せんそく)、重度の原発性腋窩(えきか)多汗症、斜視などの治療において、健康保険診療が認められています。

監修:医療法人社団喜美会 自由が丘クリニック 理事長 古山 登隆

※本ウェブサイト内では、「ボトックスビスタ®注用50単位」を一部「ボトックスビスタ®」と省略して記載しています。