トータルフェイシャルトリートメントを提案する美容医療情報サイト

しわ、たるみとは

しわ、たるみのメカニズム

お顔の老化は、皮膚だけに起きているものと思われがちですが、実は骨格や筋肉、皮下組織を含むお顔全体の組織の構造が、加齢によって立体的に変化して起こります。

骨格 損失、後退 皮下組織 損失、後退 筋肉 肥大、拘縮 皮膚 しわ、下垂、皮膚質の悪化

加齢による骨格の変化とお顔の変化

1.加齢による骨格の変化

加齢は、骨の再生と破壊のバランスに影響を与えます。年齢を重ねていくと骨の損失・後退が進み、それに伴って顔の骨格が小さくなるのです。

①側頭部 へこみ ②眼窩 拡大 ③梨状口 拡大 ④前頭葉 へこみ ⑤上あご へこみ ⑥あご 突起の減少・短縮 ←は骨格の変化を示します。

Mendelson B & Wong CH.Aesthetic Plast Surg 2012; 36(4): 753-760より作成

2.骨格の加齢変化に伴うお顔の変化

加齢により骨格が変化すると、骨を土台とする皮膚や皮下組織が影響を受け、皮膚が垂れ下がったり凹凸が形成されたりします。

若いときのお顔 全体 影や凹凸のないスムーズな表情 額 丸みのある女性らしいフォルム 頬 持ち上がったトップ・滑らかな曲線 あご シャープ フェイスライン たるみがなくシャープ 加齢が進んだお顔 こめかみ へこみ 眼の周り へこみ 下まぶた 垂れ下がる 頬 垂れ下がる・へこむ あご たるむ 口元 ほうれい線・マリオネットラインが深くなる フェイスライン たるむ、不鮮明になる 若いときのお顔 全体 影や凹凸のないスムーズな表情 額 丸みのある女性らしいフォルム 頬 持ち上がったトップ・滑らかな曲線 あご シャープ フェイスライン たるみがなくシャープ 加齢が進んだお顔 こめかみ へこみ 眼の周り へこみ 下まぶた 垂れ下がる 頬 垂れ下がる・へこむ あご たるむ 口元 ほうれい線・マリオネットラインが深くなる フェイスライン たるむ、不鮮明になる

加齢による皮下組織と皮膚の変化

加齢により、皮下組織(皮下脂肪)のボリューム減少、位置移動、下垂が起こります。
また、皮下脂肪は複数のパーツに分かれているため、その境界では深いしわや溝ができやすくなります。

ボリューム減少 しわ・溝 位置移動 下垂

Buchanan DR & Wulc AE.Clin Plast Surg 2015; 42(1): 1-15より作成

加齢による変化を整えて、老化現象の立体的な改善を考えることが重要となります。

しわとは

しわには、乾燥じわ、表情じわ、たるみじわなどがあります。
加齢によるコラーゲン低下で生じるしわもありますが、私たちが一般的にしわと呼んでいるもののほとんどは、筋肉の動きによって起きてくる「表情じわ」のことです。しかも、この表情じわは、自分では気づきにくいことが多いようです。

表情じわ

しかめっ面や怒りの表情の繰り返しによってできる眉間の縦じわや、目の近くのちりめんじわなど、表情の癖によってできてしまうしわの代表格。
長年の癖によってできてしまった表情じわは、加齢に伴って刻まれる、悩みの多いしわです。

ほうれい線

加齢に伴って起こるお顔の骨の老化や、脂肪の減少、筋肉の衰えによってお顔が下垂してできるたるみが大きな原因です。
しわやたるみの多くは、乾燥、表情の癖、加齢によるたるみなどの複数の要因が組み合わさって生じます。

正常な皮膚 小じわ 大じわ 表情じわ

しわができる箇所とその特徴

①おでこ ②
眉間 ③上まぶた ④目尻 ⑤下まぶた ⑥ほうれい線 ⑦上くちびる ⑧マリオネットライン ⑨あご
  • ①おでこ

    おでこのしわは、疲れた印象を与えがちです。
    しわのくぼみに化粧のファンデーションが詰まって余計に目立つこともあります。
  • ②眉間

    眉間のしわは、不機嫌なお顔に見られがちです。
    イライラしたときや細かい文字を見るときにできるしわは、消えないしわの原因にもなります。
  • ③上まぶた

    上まぶたのしわは、眠そうな目つきに見られてしまいます。
    眼の周りの筋肉と頭皮の筋肉の衰えによってできてくるしわです。
  • ④目尻

    笑った時などにできるしわです。
    眼の周りの皮膚や眼の周りの筋肉が衰えてくると、表情を戻してもしわが残ったままになります。
  • ⑤下まぶた

    下まぶたのしわは、実年齢より老けた印象を与えがちです。
    目の疲労やストレスが原因となり、老廃物や血液がたまることによってできるしわです。
  • ⑥ほうれい線

    ハの字に深く刻まれたほうれい線は、老けた印象を与えがちです。
    皮膚や筋肉のたるみが原因で、加齢とともに段々と目立つようになります。
  • ⑦上くちびる

    乾燥や加齢によりできるしわです。
    飲み物をストローやペットボトルで口をすぼめて飲むことも原因の1つになります。
  • ⑧マリオネットライン

    口角からあごに向かって下へ伸びる、たるみを感じさせるラインです。
    ふっくらとしたお顔の人ほどできやすい傾向があります。
  • ⑨あご

    口を閉じたときに筋肉が緊張して、下あごの先にしわができることがあります。
    このしわは俗に「梅干しじわ」と言われることもあります。

しわの予防方法

しわができる原因を作らないよう、日常から気をつけられることがあります。

  • 夏はもちろん、年間を通して紫外線対策をしましょう。
  • 肌を常に保湿し、乾燥させないようにしましょう。
  • 睡眠不足や栄養のアンバランス、ストレス、不規則な生活習慣などを見直しましょう。

しわの対処法

しわは、化粧品により水分をたっぷり補給し保湿をするなど、しっかりお手入れすることで目立たなくなる場合があります。
セルフケアでは悩みが解決しない場合には、医療機関でしわ治療を受けることもできます。

しわ治療がうけられる医療機関はこちら

たるみとは

肌の老化現象としてよく知られる「たるみ」。
真皮を支える役割を果たす線維成分であるコラーゲンとエラスチンが緩んでしまうのがたるみの主な原因です。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からできており、その下に脂肪組織と筋肉があります。
若いうちには、皮膚の内部で細胞分裂が盛んに行われ、新陳代謝を繰り返すことで、柔軟性・弾力性のある肌が保たれますが、20代ごろからその働きが衰え始め、だんだん柔軟性が失われていきます。

たるみ治療がうけられる医療機関はこちら